本物の営業力は、なだれ式ブレーンバスターにあった! 写真1

こんにちは、
3つがんばらないで売る営業トークの
木戸一敏です。

先日、昔私が勤めていた会社と共同で
ある商品の協力会社説明会を開催しました。

そこで参加いただいた方の中に
凄い人がいました。

楽天ショップの中では
だれも知らない人はいないと言われる
ネットショップの社長さんです。

ネットショップの売り上げだけで
6億円というから凄い。

ネット参入して4年半で達成した数字です。

本物の営業力の持ち主です。

そこで、何でそんなに売れるのか私は聞きました。

「リアルでやっていたことを、
ネットでも同じようやればいいんだとわかってから
売れるようになりました」

私、思わず納得。
本物の営業力は、なだれ式ブレーンバスターにあった! 写真2

やっぱりこの社長も、
売れる営業のコツをがっちり掴んでいる人。

どうしたらお客さんとつながることができるか
という感覚をちゃんと持っているんです。

当たり前の話ですけどね。

でも、この感覚を身につけるには、
どうしたらいいか?

どうしたら本物の営業力をつけることができるのか?

それは・・・

【お客さんと顔をあわせて感じ取る】のが一番です。

リアルであろうがネットであろうが、
商売は人を相手にしているわけです。

営業力を見つけるコツが
ここにあります

ネットで具体的にどんなことをしたのか
その社長に聞いたとき
思わず唸ってしまいました(^0^;)

どんな話かというと・・・

サイトを見たお客さんから、
品切れになっている商品を何とか売って欲しいという
メールが入ってきたというんです。

そのお客さんの名前を、
鈴木さんとしましょう。

在庫を探したら、
その商品がありました。

ここでこの社長は、ただ簡単に
「鈴木様、その商品ありましたよ!」
とメールするのはつまらない。

「何か仕掛けをしなければ…」

社長は考えました。

そこでサイト上にある仕掛けをしたんです。

小学生のころ、
親を驚かせようと押入れの中で
ニタニタしながら隠れていたときのように。

「鈴木様、在庫を探した商品がありました!
お手数をおかけしますが、
こちらをクリックいただけますでしょうか」

そこをクリックすると
こんな画面が飛び出します↓

おまちしておりました。鈴木さま!

「お待ちしておりました!鈴木様」

さぞ鈴木さんは、ビックリしたと思います(^0^)

にくーい!この社長、にくすぎる!!

お客さんを何か仕掛けて、
驚かそうとするこのイタズラ心。

素晴らしいです!!!

イタズラを仕掛けてお客さんが
フタを開けるまでニタニタにしている。

この時間が長ければ長いほど、
お客さんの驚きや感動が大きくなりますし、
やり甲斐も倍増
します。

そう、まるであの
「なだれ式ブレーンバスター」のように。

▼売れる営業トークチェックポイント
『営業力とは、イタズラ心を持つことだ』

 

 

 

カタログに釘付けにさせる!営業力の極意

サイトマップ(全記事一覧)