クロージング不要の必勝営業ツールは帽子にあった? 写真1

ブログ読者の星野さんから

素晴らしいメールをいただきました。

 

そこにクロージングをすることなく

「あなたから買うわ」といっていただける

大きなヒントがありました。

 

紹介しましょう!

> 木戸さんの記事で、「靴下履き替え作戦」について書かれていますが、
> 興味深い内容ですね。
>
> ところで、最近、日本一の便利屋さんが書いた本を読んだのですが、
> 「靴下履き替え作戦」に似たようなことが書かれていました。
> 勝手ながら紹介させていただきます。
>
>   便利屋に道具と呼ぶべきものがあるとすれば、
>   それは作業服と帽子ぐらいのものです。(中略)
>
>   私がなぜ帽子をかぶるのか。それは帽子を脱ぐためです。
>   お客さんの前に出たとき、
>   帽子をとってあいさつをするために帽子をかぶっているのです。
>
>   便利屋の仕事は、お客さんに明るく
>   折り目正しくあいさつをすることからはじまりますが、
>   そのとき、ただお辞儀するよりも、
>  帽子をとってあいさつしたほうが絵になるのです。
>
>   「こんにちは」
>   「ありがとうございます」
>   帽子をとって、そうあいさつすれば、
>   より礼儀正しく見えるし、相手に対する敬意を
>   表すことにもなります。
>   帽子をとってあいさつされて、
>   悪い気がする人はだれもいないのです。
>
>   右近勝吉著「平凡な私が月300万円稼ぐ7つの理由」(東洋経済新報社)より抜粋

星川さん、ありがとうございます!

帽子を、敬意を表すツールとして使うとは
これはスバラシイ話ですね!!

クロージング不要の必勝営業ツールは帽子にあった? 写真2

帽子とか靴下とか、どこにでも転がっている物を、
いかにしてお客さんとの

コミュニケーションツールとして利用するか。

 

ここで脳みそに汗をかく。

 

これが重要なんですよね。

特別なものである必要は、全くない。

というか、特別なものじゃない方が
数十倍効果があるものなんです。

 

この話のどこに

クロージングすることなく

「あなたから買うわ」といっていただけるヒントがあるのか?

 

それは、

商談の最後、お客さんが「買う」「買わない」を

判断するのはクロージングが上手いヘタではなく

商談の最後に至るまでの過程にある、ということ。

クロージング不要の必勝営業ツールは帽子にあった? 写真3

最後まで商談ができたのに契約にならないのは

あなたから買うことの不安が解消できていないからです。

 

その不安は

商品の良さが伝わらなかったことではなく

あなたへの不安の要素が大きかったりします。

その不安を解消するには

今回の帽子の話になったよいうな

何気ない気遣いにあるのです。

 

■ポイント⇒クロージングすることにがんばるのではなく、

日常に溢れている物をクロージングツールにしてみよう

 

サイトマップ(全記事一覧)