健康関連商品

あなたの提案力を倍増させる営業方法です。

 

今から数年前、健康関連商品の

ゲルマニウムが流行ったときの話です。

 

ゲルマニウムを営業販売している会社がありました。

 

腕が上がらなくなった人や足腰が弱い人には、

即効性があるのでデモストレーションをすれば、

簡単に売れてしまうといわれていた商品です。

しかし、それでも売れる営業マンと、

売れない営業マンに分かれれてしまいます。

 

その営業の力の

大きな違いは、ここにありました。

ゲルマニウムをお客さんの体のツボに貼る時、

当然身体に触ります。

身体に触れることで、

お客さんとの距離が一気に縮まります。

ここまでは売れる営業マンも

売れない営業マンも同じです。

 

次の行動から違ってきます。

「ちょっと、腕を上げてもらえますか?」

「ゆっくり息を吐いてください」

この営業トークは何を意味するか、わりますか?

 

体を動かす

お客さんの体を動かしてしているんです。

 

身体を何度も動かすことで

「これを買おう!」という気持ちも動き出すんです。

 

もちろん、これをゲルマニウム以外の商品でも

応用可能です。

 

カタログやパンフレット、見積者などは

あなたも使いますよね。

 

これらのツールを活用して

お客さんにたくさん動いてもらうにします。

 

「次のページを開いていただけますか?」

 

「え~223ページを開いていただけますか?」

 

このように客さんに動いてもらうように

してきます。

 

売れる営業マンの中には

お客さんに絵を描いてもらったりする住宅販売営業の人もいます。

 

お客さんに多少の負荷を掛けても

どんな家にしたいかイメージしたものを絵に書いてもう。

契約率倍増!!

そうすることで契約率が倍増しました。

 

カタログやパンフレット、見積者などを見せるのではなく

お客さんに手や明日、体を動かせることはできないかを

考えて商談をしてみましょう。

■ポイント⇒商品説明にがんばるのではなく、お客さんの身体を動かしてみよう

 

 

 

 

提案営業が失敗する最大の原因は、こちら

サイトマップ(全記事一覧)