アプローチの断りはもう怖くない!がんばらない営業の力超思考法 写真1

飛び込み営業やテレアポをすると、

99%は断りを受けます。

 

そのとき、実際にどんな断り文句を言われているのか

ある業界紙の営業トーク研修で、参加した営業マンに聞きました。

 

「新聞を読む時間なんてない」

 

 

「値段が高すぎる」

 

 

「今、忙しい」

 

 

「興味がない」

 

この断りは業界紙であろうが、リフォーム業であろうが、

保険業であろうが、コピーリース業であろうが

商品は関係ありません。

 

飛び込み営業やテレアポなど

新規営業をしたとき

必ず言われるる共通の断り文句です。

 

私はこれを

お客さんの【あいさつ】と理解しました。

 

つまり先ほどの

「新聞を読む時間なんてない」

「値段が高すぎる」

「今、忙しい」

「興味がない」

というのは断りではなく、全てお客さんの【あいさつ】なんです。

 

8f239ca1

ここをしっかり理解することは

営業の力になる重要なことです。

 

本当に時間がないとか、高いと思っている訳ではなく

無意識で断り文句を言っているだけ。

 

 

朝、会社に出勤したとき「おはようございます!」と言うのは、

ほとんど無意識で言ってますよね。

 

それと同じようにお客さんの断り文句も、

無意識で言っていることなんです。

 

毎日頻繁に、いろいろなセースルマンがやって来ます。

 

一般消費者・法人営業に関係なく

飛び込み営業やテレアポをすると断りを受けます。

 

お客さんとしては、セールスマンが来たら断る。

セールスマンだと分かった時点で断る。

これを毎日毎日、繰り返しているわけです。

 

この繰り返しで、お客さんは、“断るクセ”がついてしまったわけです。

 

情景反射的に断っているだけで、本心からではない場合が

少なくないのです。

 

 

「新聞を読む時間なんてない」

 

 

「値段が高すぎる」

 

 

「今、忙しい」

 

 

「興味がない」

 

「あいさつ」への対応とは?

では、このお客さんの【あいさつ】に、

どんな営業トークで対応をしていけばいいのでしょうか?

 

 

 

 

 

アプローチ営業トークが上手くいく順番は、こちら

サイトマップ(全記事一覧)