月2本だった契約が8本に倍増さいた外壁リフォーム営業・清水さんの営業トークの秘密

 

木戸:話を聞いてびっくりしたのが、売り上げが10倍近くになったわけですよね。
そうすると、がむしゃらに営業をしまくっているんじゃないのかなと思うんですが、
前は6時間から8時間営業をしていたのが、3時間から4時間。

減ったのに売り上げが10倍になったと。
その秘密が農耕型ということで、よく狩猟型と農耕型と比較しますけど、
だいたいのこんな感じかなというのはわかるんですが、
もっと具体的にどんなことをやったのかな、と。

これは1年くらいでこういう風に売り上げが倍増されたわけですよね。
その辺りをゆっくりお伺いしていこうと思うんですが、
最初にモエル塾に入ったきっかけをお聞きしたいんですが。

清水:はい、木戸先生の『大反響チラシ』の本を買って、
その時に同時に先生が出されている営業の教材を購入させていただいたんです。

そしたらある日、会社に事務の方から
「木戸さんという方から電話がありましたよ」と連絡が入って、
それで電話したら木戸先生が出られて、
「あっ、本の作者の著者の方だ」というのが、初めての。

木戸:ちょうど私が札幌に行った時に、
「札幌って清水さんという方が教材をいっぱい買ってくれたな」と
思い出して電話したんですよ。

清水:そうだったんですか。

木戸:「今から飲みませんか?」と、突然の電話でしたね。

清水:それが先生との初めてご縁した時だったんですね。

木戸:その時はすぐモエル塾に入ったわけじゃなかったんですよね。

清水:そうですね。その時はまだ売り上げ的にも順調に
普通に毎月毎月サイディングの本数を上げることができていたんですよ。
それから2年半、3年過ぎたくらいから売り上げが苦戦しだしてきて、
例えばご契約が決まるんですけど、ローンが通らなかったりとか。

木戸:せっかくやっと決まった契約のローンが通らない。

清水:そうですね。
僕が主流に住宅ローンの借り換えとかと合わせてやっているんですけど。

木戸:営業のやり方自体が住宅ローンの借り換えをやって、
その差額でリフォームをしませんか?という提案をされているんですよね。

清水:そうですね。結構、契約まで行くんだけどローンが通らないという
案件が続いて、このままじゃまずいな、と思っていた矢先でした。

以前から木戸先生のメルマガで登録していたんですが、
時折苦戦してどうしようかな、と思ってきたときに
先生からメールが来だしたんですよ。
「あれっ?誰だ?」と思ったら“木戸です”と書いてあるんですよ。

木戸:メールを登録したらその日から毎日くるようになったということですね。

清水:そうですね。それをきっかけに無料の電話相談があって、
電話したんですよ。その時にモエル塾の存在を知ったのが入るきっかけですね。

木戸:ローンが通らないというのは、
今まで仕事をしていると1回や2回、ありますよね。
それがその時はどう違っていたんですか?

清水:立て続けにそういう案件が続いたんですよ。

木戸:決まらないのが続いたんですか?

清水:そうなんですよね。

木戸:何本くらい?何か月くらい?

清水:3か月くらい、4か月くらい、ずっと決まってもローンが通らなかったり、
成約になってもまた通らないことが続いて、たまたま案件の方だったんですけど。

木戸:チラシとか飛び込みとかいろいろやり方があると思うんですが、
どんなきっかけでそのお客さんと出会ったんですか?

 

売上が10倍にアップする営業トークを知りたい方は、こちら

リフォーム営業・清水さんの営業トーク成功の秘訣(全記事一覧)