100件中3~4件の問合せがくる大反響チラシの成功事例

 

木戸:じゃあ、ポスティングします、そのエリアに100件、
1回ポスティングしたところは定期的に入れていくわけじゃなくて。

清水:毎月ではないですが
2か月くらいしてから入れるようにはしていますけど。

木戸:じゃあ、1回入れたテリトリーにはまた入れる。

清水:不定期ですけど、一応入れるようには。

木戸:あちこちいろんな地域にばらまいていくんじゃなくて。

清水:そうですね。決めたテリトリーに、
ここからここまでと決めたところを数カ月に1度は入れて、
細かい工事をいただいて、その細かい工事をいただいたところが、
もちろんリフォームをやっているところもあるんですけど。

お問い合わせあった案件内容はやってあげて、
中には外壁手つかずお家もあるので、そういうところは
お問い合わせあったものはしっかり小さい工事でもやってあげて。

木戸:実際、100件ポスティングして3件電話がかかってきたというのは、
どういう内容だったんですか?

清水:ボイラーの調子が悪い、雪でガレージが潰れた、
とか、あと雨漏りしちゃってとか。

木戸:雨漏りなんかは屋根の葺き替えとかになるんですか?

清水:それもいろんなケースバイケースで、
雨漏りした原因とかが例えば入っている火災保険の対応になれば、
その範囲で申請からすべてこっちでやってあげたりします。
そのお客さんの状況に合わせて、葺き替えもできればやったりします。

木戸:具体的にポスティング100件あって、雨漏りしている、
直してくれというのはどういう契約だったんですか?

清水:それは雨漏りの箇所はだいたいこの辺だな、と
屋根をコーキングして塗装してあげることになりましたね。
春先にやりました。

木戸:塗装工事をした、と。

清水:そうですね。
あと内装工事も一部クロスの張り替えを、ちょっとした工事にはなりました。

木戸:金額的にはどのくらいですか?

清水:70万くらいですね。

木戸:その小さな工事から、やり始めてから
1年ちょっとですか、この農耕型営業。
その1000円チラシをポスティングをしてから、実際に塗装とかサイディング、
タイルになったのは何件かあるんですか?

清水:ありますね。
去年からやりだして、12件くらいあるんじゃないですか?
もっとありますかね。ポスティングしたところと、
『大反響チラシ』を手渡ししたところと両方で。
純粋な外壁の張り替えだけでしたら。

木戸:その中でポスティングだけに絞ったら。
清水:ポスティングだけに絞ったら5件くらいですか。
塗装も入れてですよね、塗装と張り替えも入れたらありますね。

木戸:その100件の中から。

清水:ありましたね。
商談をしていてその場では決まらなくても、
後になって結果待ちの返事をいただいて、
「お願いする」と言ったのはありましたね。

 

お客さんからお願いされる営業トークの秘訣を知りたい方は、こちら

リフォーム営業・清水さんの営業トーク成功の秘訣(全記事一覧)