年商半減の危機的状況で、営業スタートした渡辺さんの試行錯誤

 

木戸:それが3カ月たってようやくわかって、
これは動かなきゃというときに雪が降って自分で営業してやってみた。
だけども職人で入ってきたから、職人と営業、
両方やらないとちょっといけないなということで、ちょっとモヤモヤしていた。

渡辺:そうですね。モヤモヤしていました。

木戸:このままじゃ、目標の1億もほど遠いし・・・。
自分の中であまりにもほど遠いから修正しようとか目標を1億じゃなくて、
5000万くらいにしようとかそういうのはなかったんですか?

渡辺:まったくなかったですね。妥協したくないんですね。

木戸:妥協したくない。

渡辺:やっぱり最初に1億立てたらその目標に向かって
頑張らないといけないので、その目標は変わらなかったですね。

木戸:だけでも4月、5月も営業もやりながら、
売り上げも200万くらいで、何かやろうと思ったことはなかったんですか?

渡辺:チラシを作って、ポスティング。
本当にポスティングだけしていたので、何件か来るだろうと、問い合わせが。
やったんですけど1件も来なくて。こんなものなのか、と。初めてやったので。

木戸:何枚くらい、ポスティングは。

渡辺:5000枚くらい。3件くらい来るだろうな、と思ったので。
まさかの0だったので。「これは、やばいな」と初めて焦りが。

木戸:チラシというのはどんなチラシだったんですか?
渡辺:新築のチラシですね。リフォームとか。
渡辺ホームの手作りのチラシなんですが。

木戸:手作り。それはワードを使って、作ったとか。

渡辺:手書きです。絵も手で書いて。

木戸:手で書いて。それはあれですか?
あたっているチラシを真似して書いたとか。

渡辺:そうですね。手書きの本という売れている本があったので、
それを見て書いたんですけど。全然来なかったので、
「これはまずいな」と思って、本当にそこで危機感というのが
よりいっそう高まってきたんですよね。

これだったら本当に訪販に力を入れた方が、お金も安く0円で済むし、
訪販には、コピー代もかからないですし。
訪販を極めてやった方がいいな、と思って
今はポスティングはしていないんですけど。

木戸:前までは会社のチラシとかはなかったんですか?

渡辺:なかったですね。自分が初めて作りましたね。

木戸:それ、5000枚をポスティングとかって、
どのくらいの期間、時間がかかったんですか?何日くらいかかったんですか?

渡辺:5000枚は、でもみんなでやっていたので1週間はかからなかったですね。

木戸:みんなとは、社長とか。

渡辺:社長はやってないですけど、母だったり職人さんだったり、
みんなで配ろう、と言うことで、ダーッと配りました。

木戸:なるほどね。自分が一生懸命作ったチラシをみんなでまいて・・・。
そのチラシはカラーですか?

渡辺:カラーですね。手書きでカラーで。色塗って。

木戸:色塗って。絵具で塗るんですか?

渡辺:絵具じゃなく、普通に色鉛筆で。

木戸:色鉛筆で塗って、それをカラーコピーして。
じゃあ、お金もかかりましたね。

渡辺:はい、それと手間がすごいですね、考える手間と時間。

 

問合せにつながる営業トークを知りたい方は、こちら

リフォーム営業・渡辺さんの営業トーク成功の秘訣(全記事一覧)