5000枚のチラシをポスティングして問合せゼロだったリフォーム営業失敗談

 

木戸:チラシって、あれ、内容を考えていると
あっという間に時間がたっちゃうんですよね。

渡辺:そうですよね。

木戸:どのくらいで完成させたチラシだったんですか?

渡辺:1,2か月ですね。

木戸:そんなに。でもかかりますよね。

渡辺:考えたんで。でもまさかの0だったので、かなり落胆もしましたね。

木戸:ショックが大きいですね。周りの意見はどうだったんですか?
完成したチラシを見て。「これはいいんじゃないか」とか。

渡辺:そんな感じですね。もうアゲアゲの感じで。

木戸:3件くらいかかってくるんじゃないか、と。

渡辺:0だったので、こんなに甘くはないんだな、と思って。

木戸:なるほどね。
こんなんじゃあ、とてもじゃないけど、1億はいかないぞと。
その次は飛び込みをやろうと。それはどうだったんですか?

渡辺:悪くはなかったですね、飛び込みの方が。慣れているというのもあって。

木戸:慣れているというのは?

渡辺:前の会社でも営業をずっとやっていたんです。
3社で営業をやっていたので、営業は慣れていたんですね。

木戸:その3社の内訳を教えてほしいんですけど。

渡辺:最初、まずリフォーム会社で、次がガス屋で、最後が太陽光ですね。

木戸:その3つやっていた、それも全部飛び込みだったんですか?

渡辺:飛び込みですね。

木戸:そこでは成績的には?

渡辺:最初は半月で2,3件上げたんですよ、リフォーム会社で。

木戸:すごいじゃないですか。

渡辺:そうですね。その時にやり方をガラッと変えたんですけど、
2か月で辞めちゃったんですよ。

木戸:2か月で。

渡辺:上司でトラブルを起こして辞めて、その次にガス屋さん。

木戸:ガス屋はプロパンガスを切り替えませんか?と言うのを・・・。

渡辺:そうですね。これは4,5か月やったのかな。
平均的に10件くらい。多い時に12~15ぐらいですかね。

木戸:それはすごいじゃないですか。

渡辺:そうですね。

木戸:そんなまたいい数字をあげてたのに、なんで辞めたんですか?

渡辺:飽きちゃったんです。

木戸:飽きちゃった。

渡辺:なんか、売りたくなくなったと言うか、つまんなくなっちゃたんです。
売るものに対して自信がもてなくなったというのもあるかもしれないですね。

木戸:まあ、そんなに代わり映えもしないし、
それを遠くで「いいですよ、いいですよ」みたいに感じてしまった?

渡辺:そうですね。マニュアルとかもあったけど、
つまんないな、と思い始めちゃって。これ、ちょっと辞めようと。

 

飛び込み営業がうまくいく営業トークを知りたい方は、こちら

リフォーム営業・渡辺さんの営業トーク成功の秘訣(全記事一覧)