こんにちは。
モエル塾塾長の木戸一敏です。

今回は「2年間のスランプから脱出し30日で家を3棟売った!
引き算営業の秘密」こういったテーマです。

今回のこのテーマは、どうすればスランプから脱出することができるか。

私自身も大きなスランプが2回ほどありました。

営業マン時代のスランプと
リフォーム会社を経営した時のスランプ。

今思い起こすと2回のスランプから脱出するやり方というか、
考え方というのは全く同じだったんですね。

あと、いろんな方のスランプを見ていくと、
スランプに陥るのってすごい共通したところがあるんですね。

もし今現在スランプで、どうやってここから抜け出していこうか
といった方が、今回の対談を読んで、
「自分がなかなかスランプを脱出できなかったのは
ここに原因があったんだな」と原因が明確になり、
「明日から、たったのこの瞬間から、ちょっとこんな風に
考え方を変えてやっていこう」というきっかけになったらと思います。

 

スランプなんですけれども、スランプのパターンというのがあります。

例えばいつも売れているんだけど、
今月は売れなかったというときに「たまたまなのかな」と。

それが2か月目続くと「あれ、おかしいぞ」と。

これが3ヶ月続くと、
「この世の中がちょっとおかしくなっちゃったのかな」とか、
「そもそもこの商品に需要が無くなっちゃったのかな」とか、
時代の流れがすごい早い世の中なので、
だんだん外の要因にしていくんですよ、うまくいかない原因を。

それがどんどん時間が経っていくと、
今度は自分がダメなのかな、にだんだん変わってきて、
その辺りからどんどんぐちゃぐちゃになっていくというケースがあるんです。

もし、まさにそういう状況にはまっている方も、
これは本当、私自身もそこを脱出したポイントというのは
今日お伝えしていくことにありますし、
今日、対談していただくタイトルですね。

2年間スランプだったのが、30日で3棟、
3棟というのですから家を3棟って、
今の時代はすごい数字なんですけれども。

今回対談していただける方もやっぱり同じなんですよ、脱出したところが。

私もそうだし、今回対談していただける方もそうだし、
スランプから脱出した人を見ると、共通しているんですよね。

なんか、一つだけなんですよね。

今日はそのポイントをお伝えしていこうかな、と思います。
今回対談していただけるのは新築戸建営業マンの松本さんです。
松本さん、よろしくお願いします。

松本:よろしくお願いいたします。

木戸:今回の対談は待ちに待った対談で、3年も前から
「松本さん、次は松本さんの番だからね、
対談に登場してもらうのは、次は松本さんなんだからね」と言って。

それが実現して本当に良かったなと。
本当にこの日を待ってました。

その日がついにやって来て、今日は本当に嬉しくて、嬉しすぎて。

こんなに広い会場にポツンと二人だけでいる、
ちょっとこの映像を見せられないのが、残念なんですけれども。

松本さん、2年間のスランプから脱出したという、
この2年間のスランプというのは、どんなスランプだったんですか?
例えば、2年間これしか売れなかったのか・・・。

松本:うーん。この2年間のスランプは大スランプです。
まず、数字上がそうですし。

木戸:数字的にはどんな数字なんですか?

松本:数字的には2年間で1件しか。

 

 

スランプを乗り越えるきっかけになる営業トークを知りたい方は、こちら

新築戸建営業・松本さんの営業トーク成功の秘訣(全記事一覧)