これまでと違う営業法に取り組み始めた時の試行錯誤とリアル体験 

 

木戸:どんな変化があって、
『大反響チラシ」を作ろうかなと思い始めたんですか?

松本:1年間様子を見てたんですよね。
勉強会はほとんど参加してました。

1年間ずっと見た中で、「こういう考えの中でこの変な新聞と
思ったものが、続けられているんだ」と理解できたんですよ。

だったらこれを始めてみないことには、
このメソッドという考え方の結果は分からないということなんですね。

木戸:やっぱりスランプを脱出しようとモエル塾に入ろうと思ったんですよね。
1年間『大反響チラシ』をやらなかった。
そこでなんか「俺、スランプを脱出できないんじゃないかよ」と、
そういうのはなかったんですか?あせりとか。

松本:1年間は焦りはなかったはずです。
その時も成績も出てたので、焦りというより、様子見。

木戸:なんか、さっき言った、自分が思った以上に動いているのに
結果が出なくて、スランプと思い始めてそれで
スランプを脱出したくてモエル塾に入ったのに、焦りはなかったと。

松本:モエル塾に入ったのはスランプを脱出したいというより、
もともとの自分のやり方、やりたかった営業スタイル、
自分がしたいと思ったものに、そうするにはここかな、と
思って入ったんですよ。だから、すごいスランプで
焦って早くどうにかしたい、という感じじゃなかったです、最初は。

木戸:なるほどね。

松本:だから、成績はそこそこいったし、いかない時もあったけど、
そこそこいっている時、タイミングだったので。1年間は。

木戸:それでモエル塾に入って1年経ってやっと
『大反響チラシ』を始めるようになって、そこからどうだったんですか?
お客さんの反応だとか、あるいはスランプから抜け出せそうな感覚なのか、
あるいは自分が求めるものに近くなっただとか。

松本:そこから正直に言っていいですか?
モエルに入って、3年ぐらいは反応はなかったし、
自分の中で明確に「反応があった!」というのはなかったし、
「これはいいぞ」という確信ももちろんなかったんですよ。

だから、一度もレター添削を3年間やったことなかったし、
木戸さんにマンツーマンミーティングで電話相談もほとんどしなかったんです。
で、木戸さんの方から「電話しなよ」とメールをくれたし、
電話を木戸さんからくれたりしましたよね。で、
「今度、します」と言ってしなかったりとか。

まあ、劣等生ですよ。塾生としては、あまり。
劣等生とは思ってましたけど、
そこまで必要性を感じてなかったのは正直、3年間なんです。

木戸:そういうことは自分が求めるのがここにあるかもしれない、と
思って入ったんだけれども、まだつながらなかったんですね。

松本:そうですね。

木戸:どうなんですか?
普通、そこも3年もいてもつながらないし、結果も何も変わらないし、
実践しても変わらない。そうするとなんか違うんじゃないか、とか、
ここにいても無駄なんじゃないかとか思い始めると思うんですけど、
そういうのはどうだったんですか?

松本:それも思いました。思ったんですけど、
決定打がなかったというか、自分の中で。
そうは思うんですけど、まだ自分が変わる途中過程だな、
というのがいつもあって、だから、これは続けていかないと
最終結果はわからないというのはずっとあったんですね。

 

 

営業の常識を破った新しい営業トークを知りたい方は、こちら

新築戸建営業・松本さんの営業トーク成功の秘訣(全記事一覧)