1年間で問合せ6倍になり、土日休めるようになった佐藤さんの話は、こちら

木戸:前はどうだったんですか?

佐藤:前は毎日仕事です。1年間。休みなし。

木戸:今はちゃんと土日は休めているんですね。

佐藤:基本的には。
よっぽどお客さんのアポイントメントが入れば行きますけど。

木戸:しっかり休めるようになって、
それでなおかつ5%になって。
すごいじゃないですか。

佐藤:そうですね。ですからこのままでいけば、
何もしなくてもじゃないですけど、
いい状況になるんじゃないかと確信を持ってます、
信じてます。

木戸:でも、かなり奥さんの力というか助けがありますよね。

そういう奥さんがいない人はどうしたらいいですか?

佐藤:奥さんがいらっしゃらない方は
相手を探すことから始めないといけないと思いますけど、、、。

いらっしゃった時は正直に
自分の今の状況を話されればいいと思うんですよね。

よく悩みとかで聞くのは、
仕事ばっかりやっていて奥さんと夫婦関係が・・・、と。

今日もちょっと話をしてきたんですけど、
相手は収入も上がらない、
保険なので先も見えない、
そして仕事ばっかりで不満だ・・・。

結局相手のことをパートナーとして見てないんですよね。

何かやって当たり前、
稼いできて女性は食事を作ってね、とか。

そうではなくやっぱり相手のことを認める、
そして自分のことを話す。

パートナーという意識を持ってしっかり向き合えば、
少しずつたぶん協力してくれるんじゃないかな
という風には思いますけどね。

木戸:単なる営業、保険のコンサルタントとして活動するだけじゃなくて、
部下の育成もされているということで、
当然そういう今言ったような問題というのは出てくると思うんですけど、
そのようなアドバイスをされているわけですか?

佐藤:そうですね。
部下からは言われません。
ということは、相手にも言ってないんですよね。
奥さんにも言ってないと思うんです。

で、私が質問したりすると、ポコッと出てくるわけですね。
出てくるけれども解決になかなか動かないんですね、
動けないというか。

だから私が決めてあげて、じゃあ、こういう風にしましょう、と。
そうするとスッキリした顔になるんです。
それで1からくり直し、しっかりやって行こうと。

やっぱり一般の方もそうだと思うんですよ。
何かしなきゃいけないと思っていても
一歩前に踏み出せない。

『あなたレター』も作るのは大変だ、と。
でもやってみれば木戸さんのやり方だと
45分でできるわけですね。

それを繰り返して出すと。

2回やって効果がない、
というケースもあるかもしれないんですけど、
それを繰り返すことによって効果が出てくると、
私は思っているんです。

それでもできないと言うのは、信じて一つのことをやるかどうか、
というそこだけの違いだと思っているんですけど。

木戸:かなり重要な話ですよね。

「信じて一つだけをやる」

これは名言ですね!

やっぱり早く上手くいきたい、もっとうまくいきたい、
そういう欲からいろんな先生に学んで、
「この先生にはこのいいところがあるから、
こっちの先生はこういうところがあるから」と。

もちろんそれは合っているんですけど、
それよりは今、佐藤さんが言われたように一人を信じて一つだけやる、

上手くいっている人はみんなそれをやってますし、
みんなそれを言ってますね。

私もそういう人たちを見て思ったんですけど、
結局一人の人を信じられる、
というのは一人の人を信じているんじゃなくて、
自分が自分を信じているからその人を信じられるんじゃないかな、と。

ふとそう思ったんですね。
あっ、この人自分を信じている人なんだな、
だから人を信じられるんだな、と思ったんですね。

やっぱり佐藤さんも自分を信じているんですね。

佐藤:そうですね。やっぱりあれこれできないですから。

普通の人で普通の保険の仕事なんかやったことなくて、
さほど過去もめちゃくちゃ売れているわけじゃなく、
普通に営業をやっていたわけなんですけど、
今回『あなたレター』をこれでいこうと決めて1年間やって、
結果が実際出ているわけですし、そのただ単に出ただけじゃなくて、
将来につながるお客さんの問い合わせもあるわけですから、信じてやると。

1個を続けると。

結果が出るまで続けると。

と言うことをやれば理屈上は出てくるはずだ、と言う風に思ったんです。

木戸:今の話で、タイトルにある「紹介をください」とお願いするんじゃなくて、
お客さんの方からやって来る、
そして本当に急がないですぐ結果が出る方法の
具体的なお話を聞けたと思うんですけど。

最後に今の話がその答えにはなると思うんですが、
同じ保険をやられている方の中で、
たしかに佐藤さんの話を聞いてなるほどな、
と思うんだけれど、本当に紹介をこっちが言わなくても本当にくるのかな、
といろんな不安な方がいると思うんです。

そういう方にメッセージを、こうやったらいいよ、
というメッセージで締めていただきたいんですけど。

佐藤:わかりました。

基本的に保険業界って生きていくのは難しいと思うんですよね。
紹介を依頼して紹介が出るようになっても、
紹介が出続けるためには紹介を依頼し続けなければいけないんです。

普通はイメージされないと思うんですよね、どうやって紹介が出るかと。
じゃあ、紹介が出続ける、しかも紹介をもらい続ける方法って、
なかなかないと思うんですよね。
あったとしても見つけられないと思うんですね。

ただ、今回私の例ですけれども、そういったことを見つけた、と。
じゃあ、普通考えて、見つけられるかというと、
ほとんど可能性がないと思うんですよ、現実は。

保険でお客さんから電話がかかってくるなんて
よっぽどのバランスの取れた人とか、
昔からの人脈がめちゃくちゃあるとか、
10年、15年やって完全な知識を身に付けている人とか
そういう方以外、なかなか難しいんではないかと。
続けていくという部分においては。

その点、今回の『あなたレター』に関しては
紹介ができる仕組み作りとして、
本当に口下手な人でも、普通の方でもできる仕組みではないかと、
私は思っているのでまずは1歩踏み出すと。

ここの差、ちょっとしたことだと思いますから、
1歩踏み出していただければいいのかな、と思います。

木戸:そうですね。

なかなか何か失敗してしまうから嫌だな、
とかそういうのが先立ってしまうから
一歩が踏み切れなかったりとかあると思うんですけどね。

佐藤:結局黙っていてもほとんど失敗するわけですから、
だったらやってみて失敗すればいいんじゃないかと。

そうすると、ダメで失敗するかもしれませんけれども、
私も実際にこうやって
1年継続してこの実感しているわけですし。

どんどんお客さんから認めシャワー、
木戸さん流に言うと認めシャワーを浴びると、
本当にいい気持ちで本当に楽しく、サザエさんの時間帯が本当に楽しいと。
「明日仕事いくぞ~」ということになるんではないかと、思っているので、
1歩を踏み出していただければ難しいことじゃないんじゃないかと。

木戸:ありがとうございます。

本当にかなり具体的にいろいろ実践された話を
聞くことができましたので、1歩踏み込むことができる、
そういうお話だったと思うんですね。

ただ、私はまだ、という方も、
もしかしたらいらっしゃるかもしれないので、
そういう方もこの話を1回こっきりじゃなくて、
2回、3回、4回と読んでほしいですね。

今日の佐藤さんの話はするめのように噛めば噛むほど
味が出るようなそんな話になったと思うんですね。

いっぱい今回の話にうまくいくヒントがたくさん出てきましたので、
ぜひ2回、3回じゃなく、5回、6回、10回と読んで、
読むことによって自分のものにすることが出来ると思いますので、
ぜひ読んでいただけたらな、と思いました。

ホントに佐藤さん、今日はすごい話を聞かせていただいて、
本当にありがとうございました。

また、ぜひ1年後、2年後、奥さんが本を出すのを楽しみにしています。

佐藤:今日、帰ったら日付を入れておきます。

木戸:本当に今日はありがとうございました。

佐藤:ありがとうございました。

 

佐藤さんが信じてやり続けたノウハウの詳細は、こちら

 

 

 

 

他の保険営業マンの保険営業成功の秘訣を読みたい方は、こちら