「仕合わせ」と「営業」は両立しない!?それとも・・・ 写真1

昨日、あるfacebookのグループで
「仕合わせ営業」はありか?という話が話題になりました。
「仕合わせる」は、営利を手放すことで
「営業」は営利を目的とすること。
だから「仕合わせ」と「営業」は
両立しないというという意見がありました。
これ、すごく大切な話なので
ここでシェアしたいと思います。
私は「仕合わせ」と「営業」は
両立すると思っています。
営業マンの目的は営利を得ることなので、
最終的には利害関係になるわけですが、
その目的を達成するには
一旦、営利を手放して
人間関係を作る=「仕合わせる」
ことが必須です。
それができない人は
おでこに¥が付いています(笑)

「なんとかして売らないと」と思うのは、

自分のことしか考えられない状態で、

営利を手放せないんです。
もうひとつのパターンがあって、
自分が傷つかないようにと
自分を守ることで頭がいっぱいの人も、
おでこに¥が付つきます。
「人間関係ができたとしても

 そのあとに商品の話をしたら嫌われるかも」と

心配する人がいます。

買う買わないは営業マンではなく
相手が決めることなのに、
商品の話をしたら買ってもらうことが前提で考えているからで、
相手が買わない選択をしたとき、
自分が傷つくことを恐れているからです。
この恐れを手放したとき
人間関係ができるんです。

 

営利(商品)の話は、どのタイミングですればいいのか?

では、営利(商品)の話は

どのタイミングですればいいのか?

 

 

それは、人間関係ができたときにするんです。

 

 

ただし一方的に
「これはいい商品です」というのではなく、
相手にとって必要かどうかを知ろうとすること。
つまり、「相手に選択権を渡す」ということです。
ここ重要です。
これを実践するのが
「仕合わせる」こと。
「選択権を渡す」とは、
相手に「買う「買わない」の判断をしてもらうことです。
選択権を渡せないというのは、
「買いません」と言われることを恐れているからで、
自分を守ることで精一杯で
相手のことを考えらる余裕はない状態です。

でも、本当の「仕合わ営業せる」は

次が重要になってきます。

 

 

 

本当に「仕合わせ」を考えているのか、

それとも

売らんがための「仕合わせ」なのか

その違いが明確に現れるところがあります。

 

それは
売ったあとです。
前者は、商品を買ったお客さんが
本当に喜んでいるのか、
商品を上手に使って幸せになっているかを
知ろうとします。
後者は、売ったら売りっぱなしです。
これは明らかに利害関係を得るための
人間関係作りで「仕合わせる」ではないですよね。

それと、これも「仕合わせる」ではないケースです。

売った後のお客さんに

「もしかしたら喜んでもらえていないかも」
「クレームをもらうかも」
と心配になり「顔出しくらいしないと」と思いつつ、
ほったらかしにしてしまう・・・

これも自分が傷つかないように守ることが

最優先になっている状態で

「仕合わせる」ではないですね。

「お客さんに何か言われるかもしれない」
という怖い気持ちはあるけど、

自分を守ろうとする気持ちを一旦手放す。

 

 

勇気を出して

「その後 いかがですか?」

「その後いかがですか?」と言ってみたとき、
「ありがとう」と言ってくれるお客さんが
いることに気づきます。
しかも、喜んでくれるお客さんの方が
圧倒的に多いことに。
これを“みとめシャワー”と呼んでいます。

たくさんのお客さんから

「がんばってるね」
「いつもご苦労さん」
「嬉しいわ」
「あんたもマメに」と
“みとめのシャワー”をたくさん浴びると
「自分を守ることを手放してよかった!」と
嬉しい気持ちになります。
こうった体験を積み重ねることで、
「もっと喜んでもらいたい!」
「ご縁を大切にしたい!」
「もっと笑顔になって欲しい!」
という気持ちが芽生えてきます。
こう思えるようになったときが
「仕合わせ営業」だと私は思っています。
▼今日のチェックポイント
『「仕合わせ営業」を実践してみよう』

 

サイトマップ(全記事一覧)