成績ゼロでクビ寸前だった加藤さんの営業的中率がアップした話は、こちら

木戸:うまくいかなかったとはしばらく行ってないところに顔出しとか、
それはアポなしで行くんですか?

加藤:アポなしですね。

木戸:アポなしで行って、どんな風に言われるんですか?

加藤:何か、覚えてなかったりとか。

木戸:まあ、しばらく行ってなかったら、久しぶりに行っても。

加藤:あとは邪険にされて、それで2回目に行くきっかけがつかめなかった。
1回で終わった。それで2回目に行くにはどうしたらいいのか、
と考えたりとか、よくうちの会社で言うと、宿題をもらってこい、
とか言うんですけど、どうやって宿題をもらえばいいのか。

木戸:そういうのは先輩に教えてもらえないんですか?

加藤:先輩に言ったら、「何か保険の話でもして、今度持ってきます、
と言えばいいんだよ」と。それぐらいしか言われない。
それはちょっと違うな、と。
まあ、ベテランの人はそれでもいいかもしれないですけど。
私たちなんかじゃ、そんなのじゃ無理かな、と思って、
2回目以降に訪問するにはどうしたらいいかな、
とずっと模索していました。

木戸:それで実践してみて、邪険に扱われて、
それ以外にクビにならないために成績を上げようと思って
何かやったことはあるんですか?

加藤:あとは、そうですね。
もう本当に行きやすいところしか行っていなかったので、
紹介を依頼するくらいですかね。

木戸:親しい人に、誰か紹介してくれないかと。それでどうでした?

加藤:まったくないです。

木戸:一応、親しい人ですよね。
それで紹介してちょうだい、という時になんて言うんですか?

加藤:例えば、会社の社長でしたら、
「こういう保険とか、みなさんやっていると思うんですけど、
うちは他社より優れているメリットとかを言って、
話だけでも聞いてもらえる人をいませんか?」
とそんな感じで依頼していましたけど、
依頼の仕方も悪かったのかもどうか。全くですね。

木戸:一応、そうやって言うと、紹介してくれる人もいるんですか?

加藤:「なんか保険だとな~」とか「みんな、入っているし」とか。

木戸:「誰もいないな」とかそんな感じなんですか?

加藤:アプローチとか紹介依頼の仕方が全くダメなんだと思います。

木戸:それは紹介依頼の仕方だとかをネットとか本にありそうですけど、
探そうとしたりはしなかったんですか?

加藤:ちょっとは見ました。

木戸:どうでした?

加藤:それに載っていたのは、契約の時にサインをするときに言うといい、
というのを、「よし、やってみよう!」としたんですけど、
するとサインをしている時だと、私が実際に経験したのは、
お客さんがサインをしている時に言うと、なんかペンが止まっちゃって、
せっかくの契約じゃないですか。
総合保険ってやっぱり長いですし、そういう時に言われても
「困るよ」みたいな感じで、
書くところを全部私も説明しながらやるので、
「これが終わってから言ってくれない?」という感じになって、
「これはダメだな」と。
やっぱり人それぞれだとは思うんですけど、今は保険入る時って長いし、
一大決心して入る人が多いじゃないですか。
そういう時に「ご紹介ください」と言った時に、
言ったその人がそういうことを言ったって、私に置き換えてみると、
毎月、決して安くないお金を払う契約をするときに、
そういうことを言っても「私に言われても、嫌だな」と、
そういう風に思っちゃったりとか。そういう時もありました。

木戸:じゃあ、契約書を書き終わった時に言えば、いいんですか?

加藤:そうですね。その人には終わってから
「さっきの話の続きなんですけど」と、一応聞いて、
でも「じゃあ、心がけとくよ」と言ってそのまま。

木戸:その後「この前、心がけとくよ、と言われてましたけど、
どなたかいましたか?」とかは言わなかったんですか?

加藤:1回ぐらい聞きましたけど。
「今ね、ちょっといろいろ声はかけてみようかなと
思っているんだけど。」と。
それを聞いた瞬間、「これはダメだな」と思って。

木戸:それ以上、言えませんよね、しつこくなっちゃうしね。
なるほどね。
じゃあ、一応そういう風に何とかクビにならないように。

加藤:一応やってはみました。

木戸:いろいろやったんですね。
それでやっぱり自分で考えてもちょっとあれかな、
と思ったんですか?

加藤:そうですね。限界はありますね。
ネットを調べたりとか、なんか有名な人とかいるじゃないですか。
有名な人とかのfacebookとかブログとかを見ても、
なんか違うな、と。

木戸:そこでモエル塾を知って。モエル塾を知ってから、
存在を知ってから入るまでの時間はけっこうあったんですか?
その間になんか迷ったりとかそういうのはあったんですか?

加藤:迷うということはなかったんですけど、1週間くらいですかね。

木戸:モエル塾を知ってから1週間後くらいに入会をした、と。
その間は何を考えていたんですか?存在を知ってから。

加藤:存在を知ってからですか?

木戸:なんか躊躇したりとかはなかったんですか?

加藤:は、ないですね。

木戸:じゃあ、その1週間という時間はなんだったんですか?

加藤:なんかワクワクしました。

木戸:普通、すぐ入ればいいのに。1週間、ワクワクしていたと。
特になんかそういう「よし、ここに入ろう!」という決め手とか、
びびーんときたものはどういうものだったんですか?

加藤:まあ、塾に入る前に木戸先生とお話させていただいてもそうでしたし、
私は塾を知ることになったのは違う先生のところだったんですけど、
「あの先生も絶賛しているくらいだから、間違いないな」と思って、
それで決めました。

木戸:けっこう、保険のコンサルタントっていっぱいいるじゃないですか。
保険に特化して。
私の場合は別に保険に特化しているわけじゃないじゃないですか。
そういった面で保険をやっているんだから
保険に特化した先生に学ぼうだとか、そういうのはなかったんですか?

加藤:塾に入るきっかけになったのは
人と人との関係を作ろうということだったので、
まさに自分に今、欠けているものだと思ったので、
それをちょっと勉強したくて。

木戸:どこで、今人と人関係がないって気づいたんですか?

加藤:やっぱりアプローチが、仲のいい人っていうか
信頼関係ができているお客さんにはできるんですけど、
あとは全くほとんど行っていない、または新規に対して、
どうアプローチしていいかわからないっていうのと、
あとは関係ができている人でも提案に話になった時でも、
一歩奥に踏み込む、そういうのもなんかちょっと欠けているかな、
というのを感じたので、そういうのを磨きたくて。

木戸:仲のいい人にもいっぱい提案したんだけれども決まらない?

加藤:決まらないですね。

木戸:それによっていい関係だったのが崩れるこというのはあったんですか?

加藤:ないですね。提案とかもさせてもらっても、
私はしつこくないからかもしれないんですけど、
1回断られたらあとは半年たってまた話してみるとか。

木戸:何ともなかったかのように。

加藤:なんかとぼけて話してみるとか、なので、だと思うんですけど、
だからあんまりしつこく行ってないので。

木戸:でも、すごいですね。
普通提案して、契約にならなかったら
気まずい関係にお互いなって切れてしまうとか・・・。

加藤:それはないですね。

木戸:それはすごいですね、逆に。

加藤:ないですね。

 

お客さんとの信頼関係を築く保険営業について詳しく知りたい方は、こちら